専門家に依頼する?


手元の家を売るには、問題なく家を売るための手続きが必要となります。その一つが担保権の抹消で、家を抵当に入れている方や、住宅ローンの返済が終了し、その後抵当権の抹消手続きを行なわなかった方は、手続きを済ませなければなりません。抵当権の抹消は、必要書類を法務局に提出する必要があるのですが、この手続きは専門家に依頼したほうが良いのでしょうか。

家を売るためには様々な手続きが必要なので、複雑な手続きは司法書士や弁護士などに相談する方が多いです。抵当権の抹消手続きもまとめて依頼しても問題はありませんが、そうなると費用が高くなってしまいます。抵当権の抹消手続きを個人で行なう場合、かかる費用は不動産1物件につき千円とされているので、土地も売る場合は合わせて2千円かかる計算です。ここに司法書士などの報酬を加えることになるので、自分で手続きしたほうが圧倒的に費用はかかりません。

司法書士などに抵当権抹消を依頼した場合は、1物件につき、数千円ほどの報酬を支払うことになります。自分でやれば2千円のところ、専門家に頼むと1万円近くになると考えると、多少割りだけになるとは感じますが、逆に言えばそれだけ払えば面倒な手続きを任せられると思えば、その程度の出費は許容範囲と思える方もいるのではないでしょうか。

 

費用をチェック

家と電卓と¥マークのポラロイド風イラスト家を売るのは、リサイクルショップなどにいらないものを売りに行くのとはわけが違います。
非常に高い価値を持つ不動産を売るということになるので、準備にはお金がかかります。
特に手続きに関する経費は、一つ一つが少額でも、複数同時に支払うことになると結構な負担となるので、きちんと家を売るための予算を考えておきましょう。
担保権の抹消も、忘れてはならない重要なことなので、早めに準備を進めてください。

抵当権は、住宅ローンなどを返済できなかったとき、不動産を売却して返済に充てるなど債権者の自由に抵当に充てられたものを利用する権利です。
もしローンを完済していたなら、抵当権が債権者にあっても意味がないのですが、この時抵当権の抹消手続きについては自分で行なうものとされているので、将来家を売ることを想定しているなら、本格的に買取先を探す前に、手続きを済ませてしまいましょう。手続きにかかる費用は登録免許税が必要です。

登録免許税は、不動産一物件により千円に設定されています。20件以上物件があるなら一律2万円になるという決まりもありますが、個人の家を売るなら土地と物件の、合わせて2件分の登録免許税がかかるでしょう。一番安くする方法は自分が書類を提出することですが、この場合、郵送だと郵送費用がかかるので、近くに自分の不動産の管理を担当している法務局がどこかチェックすれば、さらにお得に手続きを済ませられるでしょう。