家を売るための手続き


お札のイラストの切手長い間住み慣れた家を売る際は、家を手放すために必要な手続きを一通りこなす必要が在ります。
たとえばローンの支払いが残っている家を売る場合は、担保権を抹消させなければなりません。
担保権は、住宅ローンなど、借金の抵当に家を充てた場合に発生する権利で、住宅ローンに限らず、何かの借金の抵当に家を使っている場合、その権利を抹消して、問題なく売りに出せる状態にしなければなりません
これからの生活のためにも、スムーズに家を売るための準備を進めていきましょう。

担保権を抹消するためには、必要な書類を法務局に提出しなければなりません。直接法務局に向かっても構いませんが、時間が無ければ郵送で済ませてしまいましょう。
注意点としては、自分の不動産を管理している法務局に送らないと意味が無いので、きちんと送り先を確認しておきましょう。すでにローンなどを完済していて、家を担保にする必要がなくなったという方は、すでに抵当権抹消に必要な書類などが送られているはずなので、そちらを使って手続きを進めましょう。

抵当権の抹消には費用が必要ですが、それ自体はそれほど高額というわけではありません。不動産1物件に対して千円ほどで済むので、家と土地の両方を売る場合は、不動産2物件として処理され、合計で2千円の支払いとなります。そのほかの手数料などは必要ないので、少なくとも家の売却価格が変動するような事態には陥りません。費用は高くなりますが、司法書士などの専門家に頼むことも出来るので、状況に応じて相談してみましょう。